2010年3月 のアーカイブ

仕事が自分を成長させる

2010年3月25日 木曜日

私のテニスのお仲間に、以前は東証一部上場企業の総務課にお勤めになられて定年退職された後、現在は再び同社で新入社員教育をまかされている方がいらっしゃいます。

その方に、昨日とても勉強になるお話を頂戴しました。
同社には、もちろん巷で言うところの一流大学をご出身になられた方も入社してまいります。
その方がおっしゃるには、一流大出身といっても最初から仕事ができるわけではない。ただ、会社側として、どうしても一流大出の学生には、その学歴に応じた様なスキルの高い内容の仕事をまかせます。
その仕事を苦労して努力しながらこなしていく事によって、成長してもっと大きな人間になり、あ~、やっぱり一流大出の人は「デキル」。となるそうなのです。

つまりは、大学がどこの出身であろうが、仕事が彼らを育て大きくする。とおっしゃっていらっしゃいました。
裏を返せば、凡人でも仕事で努力すれば、一流大出身の方達のレベルまでとは言いませんが、もっと自分を成長させれる可能性があると言うことです。

仕事が自分を成長させる。

格好の良い響きだーーーーーー。 d(-_^)good!!

追記
最初から、自分で職種に向き不向きをつけて敬遠しないで、とりあえずやってみる事も大事だよ。とおっしゃっていらっしゃいました。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

2010年3月23日 火曜日

今日、一本のお電話を頂いた。そのお客様は、以前に一度ご注文頂いた事のあるお客様で、その当時は東証一部上場企業の営業部長をされていらっしゃり、今現在では系列会社の社長になっていらっしゃるとの事でした。

私には地位・年齢を含め雲の上の様な存在の大先輩ですが、会話中ではその地位すら意識させないほど、謙虚で礼儀正しい振る舞いで、逆にこちらの方が恐縮してしまったほどです。

まさに、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」です。

きっと、ご自身に自信をもっていらっしゃるからこそ、どの様な立場の方にも謙虚で礼儀正しい振る舞いが出来るのだろうと勝手に思っておりますが、大先輩にそれをされると、やっぱり自分はまだまだ若輩者だなと思ってしまいます。

素晴らしい大先輩とお話させて頂けた事に感謝。そんな気持ちです。

今晩の酒は美味なり。

満寿泉 純米酒 冴(日本酒)

2010年3月16日 火曜日

満寿泉 純米酒 冴

満寿泉 純米酒 冴

税込単価 720ml 1,575円

原料米 非公開

精米歩合 非公開

日本酒度(甘・辛度) 非公開

酸度 非公開

アルコール度 非公開

特徴 満寿泉さんから新しい純米酒が登場。その名も「冴」。非公開ですが原料米やお酒の製造情報等も、満寿泉さん従来の純米酒とは違わせてあり、全く新しい新商品となります。また、取扱店限定ですので、とても珍しいお酒です。ご注文受付締切は2010年3月25日正午までです。

・第一回出荷は1000本限定。(再販予定なし) 無濾過生原酒での出荷となります。

上記お酒のご注文はこちらからお願いします。但し、移動ページに上記商品画像がない場合や完売と表示されている場合は、販売を終了しております。予めご了承ください。

※企画酒や限定酒の情報が、いち早くつかめる当店発行メールマガジンに是非ご登録ください。

菊姫 菊理媛(日本酒)

2010年3月13日 土曜日

先日よりこのブログでは農口杜氏の事をご案内させて頂いておりますが、ここまできたのならと、農口杜氏つながりをまたまたご紹介させて頂きます。

とても強引な展開ですね。;^_^A    

農口杜氏は、以前菊姫さんでご活躍されていた事はご案内させて頂きましたが、その菊姫さんより、4月1日(予定)にとても珍しく、とんでもなく高額なお酒が出荷されます。

その名も

菊姫 菊理媛(くくりひめ)

菊姫  菊理媛

税込単価: 1.8L ¥50,000/720ml ¥25,000

特徴は、その年ごとに最高の造りと認めた吟醸酒をさらに十余年の歳月をかけ、ゆっくりと熟成させたお酒。つまりは、熟成酒(古酒)になります。 

10年以上寝かせてあるお酒ですから、すごく維持費もかかっており高額なのもうなずけますが、1.8Lで5万円とは・・・すごい・・。 

このお酒の出荷を、一年間楽しみに待たれている方もいらっしゃるのだから、またすごい。

気になるお味ですが、さすがにこんな高額なお酒、私飲んだ事がないのです。ごめんなさい。 

ただ、飲まれた方にお伺いしたところ、通常の日本酒とはちょっと違って、熟成された「老ね香」や「老ね味」を楽しむお酒との事です。

個人でのご購入は難しいと思いますから、10人募ってグループ買いなんていかがですか?ご注文受付締切は2010年3月24日正午までです。

上記お酒のご注文はこちらからお願いします。但し、移動ページに上記商品画像がない場合や完売と表示されている場合は、販売を終了しております。予めご了承ください。

※企画酒や限定酒の情報が、いち早くつかめる当店発行メールマガジンに是非ご登録ください。

日本酒の神.2

2010年3月11日 木曜日

3/9放送のNHKのTV番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にて、日本酒の神として多くの杜氏さんからも尊敬されている、農口尚彦杜氏(77歳)のお話を見た。

感じたことは、日本酒の神とまで言われるあれだけのお方でも、今のお酒造りに決して満足せず、美味しいお酒をつくる為に、もっともっと努力しようとされていらっしゃったこと。

以前、同番組でみかけた二郎鮨の鮨職人 小野二郎氏も、たしか80歳近い大先輩であり、ミシュランのグルメガイドで3つ星まで獲得された程の名人でありながら、今に満足する事なく、「もっともっと上(美味しいお鮨)を」とおっしゃっていらっしゃった。

一流は、やはり自分で考え行動する事ができ、何より誰にも負けない努力あってこその一流なのだと、番組をみていて思った。

追記
農口杜氏(下記写真)の、仕事時の鋭いまなざしと、プライベート時の人懐っこそうで優しいまなざしの違いがとても素敵に思えました。

農口尚彦杜氏